よくあるご質問


退職金も財産分与の対象となりますか?
退職金がすでに支払われている場合は、残っている退職金の中から婚姻期間や勤務年数によって算定された金額が分配されます。
退職金がまだ支払われていない場合は、将来ほぼ確実に退職金が支払われる場合に限り、婚姻期間や勤務年数に応じて算定された金額が支払われます。
年金分割制度とは何ですか?
例えば、夫が会社員として働いていて、妻が専業主婦として生活をしていた場合、年金保険料の支払いには夫婦ともに貢献したのに、受領については夫が全額受領してしまうのは不公平の為、婚姻期間中の年金保険料の納付実績の一部を分割し、それを妻が受け取れるという制度です。
主に離婚女性の老後生活の安定をはかるものです。
ただし、これは厚生年金保険及び共済年金の報酬比例部分に限り、分割でき、国民年金や国民年金基金、厚生年金基金は含まれませんので、注意が必要です。
相手と連絡がとれず、居場所もわからない時でも、離婚はできますか?
できます。このような場合、協議も調停もできない為、いきなり訴訟を提起することになります。
訴訟を提起すると、相手の居場所が分からない時は裁判所前の掲示板に呼出状が貼られ、相手が裁判を欠席したとしても、判決がでます。
調停や裁判に出頭をしないと、どうなりますか?
調停を放置すると不成立となり、訴訟となります。訴訟になっても放置してしまうと、相手の主張通りの判決が出てしまい、不利な条件で離婚させられてしまう可能性があります。
出頭する時間が取れない、相手と顔を合わせたくないなどのご事情がある場合も弁護士に依頼して頂ければ、代理人として出頭することができます。
離婚を有利に進めるためにも、当事務所の弁護士にご相談ください。
離婚前の別居中の生活費はどうすればいいの?
離婚の手続きが終わるまでは、たとえ別居中でも法律上は夫婦です。ですので、夫婦はお互いに助け合う義務があります。別居中の相手が生活費を入れてくれないような場合には「婚姻費用分担請求」をしましょう。
これもまずは、夫婦間での話し合いが必要ですが、決まらない場合は速やかに調停に申立てを行ってください。
相手が隠れて多額の借金をしていました。離婚する理由になりますか?
ただ単に相手に借金があるというだけでは、離婚理由にはなり得ません。
しかし、相手が借金を何度も繰り返していたり、厳しい取り立てにあったりと平穏な生活が送れない、夫婦関係が破綻するということであれば、婚姻を継続しがたい重大な理由になり得ます。
離婚理由については 「裁判で離婚するために必要な5つの理由」をご確認ください。
離婚後、名前は元に戻さないといけないのでしょうか?
結婚する際、氏を変更した人は、離婚後、旧姓に戻ることになります。
ただ、離婚の日から3ヶ月以内に役所へ届け出することにより、結婚時の氏を離婚後もそのまま名乗ることができます。

▲ 上に戻る

  • プライバシーポリシー
  • よくある質問

0120-205-376

メールでのお問い合わせ

Copyright © 弁護士法人・響 all Rights Reserved.